1級電気工事施工管理技士に独学で取得に向けた勉強法(学科編)

 f:id:bak3:20170617202114j:image

先日、電気工事施工管理技士という資格の学科試験で北千住の東京電機大学へ。

電気の資格と言えば電気工事士電験電気主任技術者)が有名で電気工事施工管理技士は割とマイナーな位置づけの資格のように思います。

しかし、私のような建設業や電気工事業にとっては取得すると仕事に活かせるかも?という資格です。

この記事を書いている時点で既に学科試験を受験してきた後なのですがこの資格について掘り下げてみます。

 

電気工事施工管理技士とは?

施工管理技士国家資格の1つで、建築、管工事など全部で6種類の資格があります。

 

電気工事施工管理技士 - Wikipedia

 

実際に電気工事を行うには「電気工事士」という資格が必要でこの資格を持った人が工事を行います。

電気工事施工管理技士はこの電気工事の計画、工程や安全、品質の管理といった施工管理を行う資格になります。

電気工事施工管理技士には1級、2級がありますが2級は一般建設業の専任技術者に、1級は特定建設業の専任技術者、監理技術者になれます。

一般建設業は4,000万未満、特定建設業は4,000万以上の工事が受注出来ます。

難しいことを書きましたが建設業、電気工事業なら持っていれば損のない資格です。

 

電気工事施工管理技士のメリット

1.取得することで就職や転職が有利

電気工事を受注するには有資格者が必要となり就職や転職に有利です。

理由は電気工事が増加しているにも関わらず資格保有者が足りていないからです。

下のリンクを見ると、転職の必須条件とする資格TOP20の9位に

あれば尚可とされる資格の11位にランクされていることからも分かる通り

求人も多く、優遇されていることが分かります。 

 

doda.jp

 

2.取得することで他の資格の受験資格や大学院への道が開かれる

この資格を取得すると1級、2級とも社会保険労務士の、1級を取得することで

建築設備士の受験資格がそれぞれ得られます。

また、学士の資格がなくても大学院への入学審査を受けることが出来ます。

特に建築設備士の資格から建築士への受験資格が得られるので工学部出身者

以外の方は夢が広がる資格ではないでしょうか?  

 

3.取得することで資格手当や昇給が望める

残念ながら私の勤めている会社は手当はありませんが

資格取得手当や資格手当を設定している企業は多いのではないでしょうか?

   

受験資格

学歴や実務経験などの受験資格がありますが電気工事士の資格者は比較的短い

期間で受験することが出来ると思います。

特に第一種電気工事士の資格者はすぐに1級電気工事施工管理技士に受験可能です。

 

 難易度

難易度は以下の通り、国家資格の中では比較的合格率が高いのではないでしょうか?

一般的には難易度は「普通」、しっかり勉強すれば独学で合格できるレベルです。

  1級   2級  
  学 科 実 地 学 科 実 地
  平成28年          46.0%          69.1%          58.7%          41.6%
  平成27年          45.1%          63.4%          55.2%          40.4%
  平成26年          35.6%          63.1%          54.4%          39.0%
  平成25年          45.8%          58.4%          67.1%          44.9%
  平成24年          45.9%          62.6%          60.4%          41.6%

 

勉強法とおすすめ参考書は?

学科については過去問を中心に勉強していくのが一番効果的だと感じました。

過去問を3周ぐらいやれば合格点に達するようなイメージです。

 

 GET研究所 

年度別問題解説集 1級電気工事施工管理学科試験〈平成29年度〉 (スーパーテキストシリーズ)

私はこの本を3周やりました。

8年分の過去問が収録されておりこの本1冊で合格点レベルまで行けると思います。

また、分野別に問題が編集されているので問題傾向がつかみやすいのも高ポイント。

WEB講義を動画で見ることが出来るのでありがたいです。

 

地域開発研究所

1級電気工事施工管理技術検定試験問題解説集録版(2017年版)

本来はこの本が鉄板だと思います、過去問が10年分収録されておりガッツリやれます。

私もこの本を買いましたがスーパーテキストに収録されていない2年分を

最後の模擬試験のつもりで時間を計ってやってみました。

年度別に分かれているので分野別に勉強を勧めていく人には分野別問題集も発売されているのでそちらがおすすめです。

 

地域開発研究所

電気工事施工管理技術テキスト 【改訂第2版】

講習会などではこの本がテキストとしてよく使われているようです。

この本も買ったのですが独学の私にはテキストを読む機会もあまりなく

結局ほとんど読まないまま試験に臨んでしまいました。

分厚く、範囲が広すぎるので読むだけでもかなりの時間がかかりそうです。

この本がなくても十分合格点に達することが出来ると思いますので

講習会を受講される方向けではないでしょうか。

 

スマホアプリ

play.google.com

 

アプリについてはあまり出ていない印象でしたが、学アプリのiOS版を利用しました。

移動や仕事の空き時間なんかに暇つぶし感覚で学習しましたが、意外に効果的だったです。

ただ、iOS版は最新のiOSに対応できていないため問題から戻る時に戻るボタンがなく、いちいちアプリを強制終了させる必要があったのが面倒でした。

 

まとめ

現時点では学科試験を受けてきた形なので試験結果はまだ出ていません。

もしダメだったら来年の自分への学習指針としてまとめてみました。

電気工事士電験に比べるとマイナーな資格ですが得るものは大きい資格ではないでしょうか。

まずは結果を待って、次の実地試験に臨めるようになればありがたいなと思います。

 

【追記】とりあえず学科試験に合格しました、次の実地試験頑張ります!